Docly Child

Gmail for Google Workspaceとの連携

1733 views

この記事では、Gmail for Google Workspaceのコネクション作成方法について説明します。
「GmailGet(Gmailの取得)」「GmailCreateDraft(Gmailの下書きを作成する)」等のアクションをご利用する際には「Gmail for GoogleWorckspace」のコネクション登録が必要です。

 連携の準備

AUTORO for Google WorkspaceアプリをGoogle Workspaceにインストールしてください。
インストールはこちらからお願いします。

※組織のドメイン内にアプリをインストールするには、Google Workspace管理者の権限が必要です。
※Google Workspace Marketplace Apps のインストール方法に関しては、Googleよる公式案内を参照してください。

※Google Workspace組織内でインストール済みの場合、この手順は対応不要です。

 コネクションの登録

下記手順にてワークフローを設定します。

コネクションについて 

  • コネクションページを開きます。
  • 「アプリケーションを追加」をクリックします。
  • 「Gmail for Google Workspace」のカードを選択します。
 

  • 連携するアカウントでGoogleにログインします。
  • Google Workspaceのアカウントを選択します。

 

  • Gmail for Google Workspaceのコネクションカードが作成されていれば登録完了です。

AUTORO for GoogleWorkspacesがインストール済にも関わらず、以下画像のようなメッセージが出てコネクション登録がブロックされる場合は、以下設定をご確認ください。

  • Google Workspaceの管理コンソールから
    • [セキュリティ]
    • [API の制御]
    • [サードパーティ製アプリのアクセスを管理]と開いてください。
  • ここでAUTORO for Google Workspaceのアクセスが「信頼できる」or「ブロック中」のどちらであるかをご確認ください。

ブロック中だった場合

  • 以下URLの「ステップ3」にしたがって、「信頼する」にチェックを入れてください。
    https://support.google.com/a/answer/7281227?hl=ja&ref_topic=10021546
  • 「変更」をクリックしてください。
  • 少し時間を置いてから、Gmail for GoogleWorkspaceのコネクション登録をお試しください。

 

上記手順でAUTORO for GoogleWorkspaceが見つからなかった場合

下記手順でアプリを許可リストに登録をお試しください。

  • Google Workspaceの管理コンソールから
    • [アプリ]
    • [Google Workspace Marketplace アプリ]
    • [アプリのリスト]と開いてください。
  • アプリを許可リストに登録をクリックします。

  • AUTORO for Google Workspaceを選択します。 

  • 画面の指示に従って、アプリを許可リストに登録します。

許可リストに登録が終わりましたら、コネクション作成をお試しください。

googleworkspace

このページは役に立ちましたか?