Docly Child

Google Spreadsheetの値を変数として利用

702 views

この記事では、Google Spreadsheetトリガーでワークフローを起動した際、スプレッドシートのセルの値をAUTOROで変数として使う方法について説明します。


ユースケース

  • Google Spreadsheetの値をAUTOROの変数として使う
  • Google Spreadsheetトリガーでワークフローを起動する

 変数の設定

Google Spreadsheetトリガーでワークフローを起動させた際に、AUTOROで扱いたい変数と値を参照するセルを設定することができます。

設定手順は下記の通りです。

インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください

トリガーの作成方法についてはこちらの記事をご覧ください

  • 「アドオン > AUTORO Sheets Addon > トリガー一覧」を開きます。
  • 登録済みのトリガーの「鉛筆ボタン(編集)」をクリックします。
 
  • 変数の設定をします。

    Variable Name:AUTOROで利用する変数名を設定します。
    Value:変数の値に設定するセル範囲を、A1記法で設定をします。
 
  • 2.で、Variable Nameに設定した変数名を、AUTOROのアクションパラメーターに設定します。(画像参照)
 
  • Google Spreadsheetからワークフローを起動してみます。
  • 実行ログを見ると、2.で指定したセルの内容がAUTOROに反映されます。
 
スプレッドシート/スプシ

このページは役に立ちましたか?