Docly Child

LINE WORKSと連携

212 views

この記事では、LINE WORKSとのコネクション作成方法について説明します。

コネクションについての詳細はこちらをご参照ください。

 LINE WORKS:事前準備

LINE WORKS とのコネクションを作成するには、 LINE WORKS Developer Consoleから下記の情報を取得する必要があります。

  • Client Id
  • Client Secret
  • Service Account
  • Private Key

このセクションでは、各情報の取得手順を紹介します。

※LINE WORKS Developer Consoleにアクセスするには、以下の権限が必要です。

  • 最高管理者
  • 副管理者
  • Developers 権限を持つ管理者

詳しくは、LINE WORKS公式ドキュメントをご覧ください。

Developer Console の利用権限

※既に作成しているアプリを使用する場合は、この手順は必要ありません。

連携に必要な情報を発行するため、アプリを作成します。

  • その後表示されるダイアログにアプリ名を入力して「同意して利用する」ボタンをクリックします。

  • アプリ情報画面が表示されるので、OAuth Scopesの「管理」ボタンをクリックし、OAuth Scopesを設定します。

  • bot, group.read, orgunit.read, user.readにチェックマークをつけて保存をクリックします。

  • その後、上記のOAuth Scopesが設定されていることを確認してアプリ情報を保存します。

AUTOROとの連携に必要な情報を取得します。

  • Service Accountを発行します。
    1の手順で保存したアプリのService Account欄の「発行」ボタンをクリックします。

  • 発行が完了すると、Service Accountが発行され、Private Keyの項目が出現します。
    Private Keyも同様の手順で発行して保存します。

 

  • LINE WORKS とのコネクション作成のために、下記の赤枠の項目が必要になるので、情報を控えます。

実際にメッセージを送信するBotを作成し、Bot IDを取得する必要があります。下記にその手順を示します。

  • BOT一覧画面にアクセスをして、「登録」ボタンをクリックします。
  • 必須項目の「Bot名」、「説明」、「管理者」の主担当を設定します。
    • ※トークルームにBotを招待したい場合は「Botポリシー」の「トークルームへの招待」を有効化します。

  • Botの作成が完了すると、Botに一意のIDが付与されます。これを「SendLineWorksMessage」アクションのbot_idのパラメーターに入力することで、作成したBotからメッセージの送信が可能になります。

 AUTORO:設定方法

以下手順で、AUTOROとLINE WORKSのコネクションを作成します。

  • AUTOROの左側のサイドバーの「コネクション」をクリックします。
 
  • 「コネクション」をクリックすると、コネクション一覧画面に移動します。
    右上の「アプリケーションを追加」をクリックします。

  • 「LINE WORKS」のコネクションカードをクリックします。

  • 各種情報を入力するダイアログが表示されるので、LINE WORKSで発行した値を設定します。
    ※コネクション名はご自由にご設定いただけます。

  • 「登録」をクリックすると、この連携情報が暗号化されて保存されます。
    ※もし保存に失敗した場合は、値が正しいかを確認してもう一度お試しください。
  • コネクション一覧画面に、LINEWORKSのカードが作成されていれば、登録が完了しています。

<LineWORKS>ラインワークス コネクション 外部アプリ 連携

このページは役に立ちましたか?