Docly Child

Microsoft Teamsにメッセージを送信する

126 views

この記事では、Microsoft Teamsにメッセージを送信する方法を紹介します。

Microsoft Teams Messageとの連携方法はこちらをご参照ください。


 SendTeamsMessageアクション

AUTOROのSendTeamsMessage(MicrosoftTeamsにメッセージを送る)アクションでは、
Microsoft Teamsにメッセージを送信することができます。

 ワークフローの設定例

Teamsへのメッセージの送信例を紹介します。

最も基本的なTeamsへのメッセージ送信方法は、以下となります。

  • プロバイダーIDに、Microsoft Teams Messageのコネクションを設定します
  • チーム名に、送信先のチーム名を入力します
  • チャネル名に、送信先のチャンネル名を入力します
  • 本文に、送信する本文を入力します

 

※一般チャンネルに送信したい場合は、チャネル名にはGeneralと入力してください

特定のユーザーにメッセージを送信します。

  • SendTeamsMessageアクションの詳細設定を開きます。
  • 宛先となるユーザーのTeams上の表示名を入力します。
    (宛先が複数の場合はカンマ区切りで入力します)

変数を含むメッセージを送信したい場合は、テキストを作成(Text)アクションを使用してメッセージを作成します。

変数は以下形式で呼び出せます。

${変数名}

参考:変数の呼び出し

Teamsへ送信するメッセージ内で改行やリンクの埋め込みを行ないたい場合は、HTMLタグを使用する必要があります。

よって、改行を挿入する場合は、<br>と記載する必要があります。

こんにちは<br><br>ご機嫌いかがですか

他、あるWebページへのリンクを埋め込んだテキストを送信する場合は、以下のようなaタグをメッセージ本文に指定します。

<a href="https://docs.autoro.io/">AUTORO公式ドキュメント</a>

※Markdownは使用できません

基本

メンション

HTMLタグ埋め込み

# MicrosoftTeamsにメッセージを送る
+send_teams_message_1:
  action>: SendTeamsMessage
  provider: ''
  team: 'チーム名'
  channel: 'チャネル名(一般チャネルの場合はGeneral)'
  text: '本文です'
  private: false
  meta:
    display:
# MicrosoftTeamsにメッセージを送る_メンション付き
+send_teams_message_1:
  action>: SendTeamsMessage
  provider: ''
  team: 'チーム名'
  channel: 'チャネル名(一般チャネルの場合はGeneral)'
  text: '本文です'
  mentions: '表示名'
  private: false
  meta:
    display: null

# 変数に保存_今日のセルシウス温度
+store_value_1:
  action>: StoreValue
  key: tempatureC
  value: 53
  private: false

# テキストを作成_メッセージ本文
+text_1:
  action>: Text
  text: "今日の気温は${tempatureC}℃です
熱中症に気をつけましょう

\nAUTORO公式ドキュメント" private: false # MicrosoftTeamsにメッセージを送る_テキスト +send_teams_message_2: action>: SendTeamsMessage provider: '' team: 'チーム名' channel: 'チャネル名(一般チャネルの場合はGeneral)' text: +text_1 private: false
Teams/Microsoft Teams/SendTeamsMessage

このページは役に立ちましたか?