Docly Child

SalesforceトリガーでRPAを起動

616 views

この記事では、「AUTORO for Salesforce」について紹介します。
Salesforce上のAppExchangeを利用して、RPAを起動することができるようになります。

 


AppExchangeとは

Salesforce上にインストールして利用することができるアプリケーションです。Salesforceと外部アプリケーションの連携をスムーズに設定することができます。利用にはSalesforceアカウントが必要です。

 AUTORO for Salesforceのインストール

  • Salesforceにログインします。
  • AUTORO for Salesforceのインストールページを開きます。
    https://appexchangejp.salesforce.com/appxListingDetail?listingId=a0N3u00000MSJz8EAH
  • 「今すぐ入手」のボタンを押して、インストールをします。
    ※インストール時に料金がかかる旨の文面が表示されますが、AUTOROユーザーのインストールに料金はかかりません。
    ※インストール手順はAppExchangeの画面案内に従ってください。
  • インストールが完了すると以下の画面に「AUTORO」のアプリが追加されます。

 SalesforceからRPAを起動する設定

インストールが完了したら、Salesforce上のアクションをトリガーにして AUTOROのワークフローを起動するための設定をしてみましょう。

設定には以下のツールを利用します。

  • AUTORO for Salesforce
  • フロービルダー 

 AUTOROの起動にはAPIキーが必要になります。
APIキーの発行方法は以下の記事を参考にしてください。
参考:APIキーの発行

設定には、次の2つのパラメータが必要となります。

  • ACCESS KEY ID
  • SECRET ACCESS KEY

Salseforce側の設定を行います。
Salesforceのアプリケーションランチャーを開き、「AUTORO」をクリックしましょう。

●アカウント接続の設定
まず始めに、アカウント接続の設定を行います。
アカウント接続のページが表示されていない場合は画面左側の「アカウント接続」をクリックしてページを表示してください。

  • 「API Endpoint」を入力します。
    入力する値:https://api.roboticcrowd.com
  • 「Key ID」には、AUTOROで発行したACCESS KEY IDを入力します。
  • 「Key Secret」には、AUTOROで発行したSECRET ACCESS KEYを入力します。
  • 3つの項目に入力が完了したら、画面右上の「保存」をクリックします。

●ワークフロー登録
次に起動するワークフローの登録を設定します。
画面左側の「ワークフロー登録」をクリックしてページを表示します。

  •  ワークフロー登録画面の右上にある「新規作成」をクリックします。
  • 「作成済みAUTOROワークフローを選択」の選択肢から、起動したいAUTORO上のワークフローを選択します。
    ※ワークフローを選択すると「ワークフロー名」「ワークフローID」の項目は自動で入力されます。
  • 対象オブジェクトを選択します。起動元になるSalesforceのオブジェクトを選択します。
    例:取引先, 商談, リードなど
  • 「パラメータを追加」をクリックして、 AUTOROで設定している変数の値を設定します。
    固定値、または、項目参照で値を設定できます。
  • 「保存」をクリックします。

  • トリガーの設定をするためには、Salesforce内のフローを利用します。
    フローの設定を行う前に、フロー入力IDをコピーしておいてください。



●フロー
フローの詳細な設定方法については、Salesforceのサポートサイトをご参考ください。
この記事では、AUTOROを起動する際の設定について紹介します。

  • 起動条件の設定、起動対象のオブジェクトの設定をします。
    例)画面上のクイックアクションを押すと起動・・・画面フロー
      商談のフェーズが成約になったら起動  ・・・レコードトリガフロー

●レコードトリガフローの場合

  • 「オブジェクト」の項目は、実行されるフローをトリガするレコードのオブジェクトを選択します。
  • 「フローをトリガする条件」の項目は、トリガとなる条件を選択します。
  • 「条件の要件」の項目は、実行されるフローをトリガするレコードのオブジェクトを選択します。
  • 「更新されたレコードでフローを実行するタイミング」の項目を選択します。
    「条件の要件に一致するようにレコードを更新したときのみ」では、指定された要件を満たしていないトリガレコードが、要件を満たしているトリガレコードに変更されたときにのみフローを起動できます。

  • 「+」ボタンを押して要素を追加します


  • 「アクション」の項目は「Run AUTORO」を選択します。
  • 「表示ラベル」の項目は、任意の名前を設定します。命名に決まりはありません。
  • 「プロセスビルダー入力ID」には、先にコピーしておいたプロセスビルダー入力IDを貼り付けます。
  • 「Recode ID」を「含める」を選択し、値には引用したいオブジェクトの「ID」を選択します。
  • 最後に「完了」のボタンを押して設定完了です。
ここまで設定が完了したあとは、作成したフローが有効化されることでSalesforceから AUTOROの指定したワークフローが起動されるようになります。無効の状態では起動しないのでご注意ください。
※AUTOROに渡す変数の値は、フローではなく、AUTORO for Salesforceの設定画面で行ってください

2.の設定中に、以下のようなエラーメッセージが出る場合があります。

コレクションサイズ (1000以上の数字) は、1,000 の最大サイズを超えています。

この場合、対象アカウントのなんらかのSalesforce オブジェクトのリスト系の項目において、リストから選択できる値の数が1000を超えていると考えられます。

対処方法は、以下になります。

  • VisualforceやAPEXを使用した設定をしている場合、設定を見直してリストの数を1000以下にする。
  • 原因となっていると考えられるアプリケーションを(ERPなど)をアンインストールする
<Saleseforce>セールスフォース る】

このページは役に立ちましたか?