Docly Child

Slackと連携

1588 views

この記事では、Slackのコネクション作成方法について説明します。

注意:AUTOROのSlackコネクション仕様変更

2021/09/09にSlackコネクションの作成方法が変更となり、弊社が用意したアプリと連携する仕様となりました。

既存のコネクションであれば、自作のアプリからのメッセージ通知を引き続きお使いいただけますが、新規コネクション・更新コネクションでは弊社アプリとの連携に切り替わりますのでご注意ください。

注意:Slackアプリのインストール権限

設定担当者がSlackワークスペースの管理者ではない場合、管理者から承認が得られるまでSlackワークスペースへアプリをインストールできません。
設定手順2.でワークスペースへのインストールリクエストを管理者に送信し、承認を得てください。
管理者から承認が得られたら、再度設定手順1.から設定を行なってください。

 設定手順

下記手順にてコネクションを作成します。

コネクション作成後にSlackにメッセージを送信する場合は、送信対象となるチャンネルへのアプリ追加が必要です(4をご参照ください)

まず、AUTORO側でコネクション作成の準備を行います。

  • 「コネクション」のページを開きます。
  • 「アプリケーションを追加」をクリックします。
  •  「Slack」のカードを選択します。

続いて、連携するワークスペースへアプリをインストールします。

  • 連携するワークスペースにサインインします。
    (既にブラウザ上でサインイン済みであれば自動的に次のステップの画面に遷移します。)
  • 以下の操作権限の承認画面に移るので、連携したいワークスペースが選択されていることを確認して「許可する」をクリックします。
    • アクセス可能な情報
      • チャンネルと会話に関するコンテンツと情報
      • パブリックチャンネルに関する基本情報
      • AUTORO が連携されたプライベートチャンネルに関する基本情報
    • AUTORO が実行できる内容
      • @autoroとしてメッセージを送信する
      • AUTORO としてファイルをアップロード、編集、削除する

     

アプリのインストールを許可するとAUTOROの画面に自動的に遷移しますので、
コネクションカードが作成されているか確認してください。

指定のチャンネルにメッセージを送信するには、当該チャンネルにインストールしたアプリを追加する必要があります

  • AUTOROからのメッセージを投稿したいチャンネルを開き、左上の対象チャンネル名をクリックします。

  • 「インテグレーション」タブに移動し、「アプリを追加する」をクリックします。

  • 「AUTORO」の「追加」をクリックします。

  • もう一度インテグレーションタブを開いた時に、App欄にAUTOROが表示されていればOKです。

slack スラック

このページは役に立ちましたか?