Docly Child

Slackトリガーでワークフローを起動_Zapier版

420 views

この記事では、Slack投稿をトリガーに指定のワークフローを起動させる方法について紹介します。

【できるようになること】

  • Slackの指定したチャンネルにて、特定ワードを受信したら指定のワークフローを起動
  • ワークフローを起動後、メッセージを自動返信
Zapierの使いどころ

SlackのOutgoing WebhookとGASを使用した連携設定ができない(GASのデプロイ範囲に"全員"を指定できない)場合、Zapierを使用することで代替可能です。

※注意点

※本記事はZapierの有料契約プランが必要となります。フリープランではご利用できませんのでご注意ください。
実行後のタスク数にもご注意ください。

 AUTORO ✖ Zapier

AUTOROは、Zapierから実行することができます。

これをうまく使用すると、Slackなどの様々なサービスをトリガーとしたAUTOROの実行が可能になります。

 ワークフローの設定例

このページでは、以下のサンプルを紹介します。

「Slackの特定チャンネルに特定のメッセージを送信したら、AUTOROワークフローを起動し、Slackの特定チャンネルにAUTOROワークフローの起動通知を送る」

予め、ZapierとAUTOROを連携しておく必要があります。
詳細な連携方法は、以下のページをご参照ください。

https://docs.autoro.io/zapier/setup

※APIキーの発行についてはこちら

ZapierとSlackを連携します。

  • ZapierのMy Appsを開きます
    https://zapier.com/app/connections
  • +Add connectionをクリックします
  • 検索バーにSlackと入力後、表示されたSlackアイコンをクリックします

  • 立ち上がったポップアップウィンドウから、トリガーを設置したいワークスペースを選択します
  • 許可をクリックします

 

Zapを作成します。

  • Zapierの左サイドバーから、+をクリックします。

作成されたZapにトリガーを設定します。

  • App & eventタブのEvent欄から、New Message Posted to Channelを選択します。

  • Accountタブから利用するSlackワークスペースを選択します
  • Triggerタブから、トリガーを設置したいチャンネルを設定します。
    (起動する特定メッセージの投稿を受け付けるチャンネルを設定します)
  • continueをクリックし、Test triggerします。

2で指定したチャンネルに投稿したメッセージが「特定のメッセージかどうか?」を判定していきます。
この設定を実施しないと、2で指定したチャンネルに新しいメッセージが投稿された際に、無差別にAUTOROが起動してしまいます。

  • 2の下にある + ボタンをクリックします
  • Filterを選択します

  • Filter setup & testingタブから、条件を設定していきます。
  • field指定欄からTextを指定します。
  • codition欄からExactry matches(完全一致)を指定します。
  • Enter text or insert dataに起動と入力します。
  • Continueをクリックします

これで、「2で指定したチャンネルに、起動 の2文字が投稿されたら次のzapierステップ進む」という条件分岐が設定出来ました。

AUTOROを起動していきます。

  • 3の下にある + ボタンをクリックします
  • AUTOROと検索し、表示されたAUTOROを選択します。

  • App & eventタブのEvent欄からRun Workflowをクリックします
  • ActionタブのWorkflow欄から、起動させたいAUTOROワークフローを指定します。

  • 任意:ZapierからAUTOROワークフローに受け渡したい値がある場合は、paramsの左に起動先ワークフロー内での変数名、右に受け渡す値を入力します。

  • Test actionをクリックします。
    指定したワークフローが一度実行されるので、ご注意ください。

Slackに「AUTOROワークフローが起動した」ことを示すメッセージを投稿します。

  • 4の下にある + ボタンをクリックします。
  • App & eventタブのevent欄から「Send Channel Message」をクリックします。

  • AccountタブからSlackワークスペースが誤っていないか確認します。
  • ActionタブのChannel欄から、Channelに投稿先チャンネルを指定します。今回は2で指定したチャンネルと同じものを指定します。
    ※必ずしも2で指定したチャンネルと同じチャンネルを指定する必要はありません。
  • ActionタブのMessage Text欄に、投稿するメッセージを指定します。
  • Test Actionをクリックします

Publishedをクリックして、Zapを有効化します。

これでZapier側の設定は終了です。

# テキストを作成
+text_1:
  action>: Text
  text: 'Zapierから受け取った値:${hoge}'
  private: false
Zapier

このページは役に立ちましたか?