Docly Child

CSVを表計算ソフトに転記する

2852 views

この記事では、CSVファイルをダウンロードし、CSVファイルの中身を表計算ソフト(GoogleSpreadsheet,Excel,ExcelOnline)に書き込む方法を紹介します。

【できるようになること】

  • CSVの読み込み
  • 各表計算ソフトへの値の書き込み

 事前準備

まず最初に、書き込み先のブック等の準備と連携設定が必要になります。

  • AUTOROの書き込み用に、表計算ソフトのシート等を用意してください。
    ※以下ワークフローの設定例では、新規に作成したシート(何も書き込まれていない状態)を使用していますが、既存のものでも基本的な手順は変わりません。

(既にコネクション登録済みの方はスキップしてください)

  • GoogleSpreadsheeet、OneDrive(使用するシートが保存されている場合)等を使用する場合は、コネクション連携の追加が必要です。
    方法はこちらをご参照ください。

 ワークフローの設定例

以下より、ワークフローを設定していきます。

  • サンプルCSVをダウンロードするワークフロー(詳細)を再利用します。

※再利用は、エディタモードから可能です。詳細な方法はこちらをご参照ください。

 

# ブラウザを開く
+open_browser_1:
  action>: OpenBrowser
  url: 'https://support.autoro.io/docs/guide/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e4%bf%9d%e5%ad%98/'
  lang: 'ja-JP'
  timeZone: 'Asia/Tokyo'
  headless: true
  windowSize: '1920 x 1080'
  useShadowDomSelector: false
  private: false

# クリック
+click_1:
  action>: Click
  browser: +open_browser_1
  selector: '#AUTORO'
  confirm: true
  ignoreError: true
  timeout: 30000
  waitForDownload: true
  private: false

# ダウンロードファイル一覧
+get_download_files_1:
  action>: GetDownloadFiles
  order: DESC
  sort_by: CREATED
  private: false

# ファイルを保存
+save_file_1:
  action>: SaveFile
  provider: local
  filename: +get_download_files_1
  createPath: false
  private: false

まずは、ダウンロードしたCSVファイルを展開しましょう。

  • ReadCSVアクションをドラッグ&ドロップで設定します。
  • ファイル名パラメータにはGetDownloadFilesのアウトプットを指定します。
  • ReadCSVアクションの「詳細設定を開閉」をクリックします。
  • CSVの文字コードパラメータに「utf-8」を設定します。

読み込んだCSVデータを書き込むスプレッドシートを呼び出します。

  • GetSpreadsheetアクションを設定します。
  • 最初に登録したプロバイダIDを呼び出します。
  • 書き込みを行うスプレッドシートIDを呼び出します。
    下記の動画を参考に、Google Drive上から作成したスプレッドシートを選択してください。

読み込んだCSVデータを書き込むExcelワークシートを呼び出します。

※ここでは、使用するExcelファイルがAUTOROのローカルストレージに保存されている状態を前提として解説しています。
なお、DropBoxやGoogleDriveに保存されているExcelファイルを扱いたい場合は、以下記事をご参照ください。

  • GetFileアクションを設定します。
    ※AUTORO desktopの場合、この設定は不要です(後述)
  • AUTOROローカルストレージに保存されているExcelファイルを呼び出します。
    ※扱うファイルの拡張子が.xlsの場合は、こちらをご参考にご設定ください。

  • SelectSheetアクションを設定します。
  • 「エクセルファイル名」の欄には、先程取得したファイルのアウトプットを再利用してください。
    ※AUTORO desktopの場合、ローカルファイルパスを直接入力してください。
  • 「ワークシート名」には、書き込むシートの名前を入力します。
    ※書き込むシート名が不明である場合の対処は、こちらをご覧ください。
 

※AUTORO desktopの場合

AUTORO desktopの場合は、GetFileアクションが不要となります。SelectSheetアクションの「エクセルファイル名」に、直接ファイルパスを書き込んでください。

読み込んだCSVデータを書き込むExcelOnlineワークブックを呼び出します。

※ExcelOnlineとは、OneDriveやSharePoint上のxlsxブック対象アクションを指します。AUTOROのローカルストレージやGoogleDrive上のExcelファイルの操作は前項【Excelを使用する場合】をご覧ください。

  • GetWorkbookアクションを設定します。
  • 「プロバイダーID」にコネクション連携済みのIDを指定します。
  • 任意のExcelOnlineファイルを呼び出します。

スプレッドシートに値を書き込むアクションはUpdateCells/AppendValuesの2つあります。今回はUpdateCellsを利用して書き込みを行います。

  • UpdateCellsアクションを設定します。
  • スプレッドシートパラメータにGetSpreadsheetのアウトプットが設定されているか確認します。空欄になっている場合にはGetSpreadsheetのアウトプットを紐つけてください。
  • 範囲パラメータには「シート1!A1」を設定します。
    ※シート名が「シート1」ではない場合は正しいシート名に書き換えてください。
  • 値パラメータにはReadCSVのアウトプットを設定します。
 

Excelワークシートに値を書き込むアクションはWriteRange/WriteCellの2つがあります。今回はCSVを扱うため、配列を書き込むアクションであるWriteRangeを利用して書き込みを行います。

  • WriteRangeアクションを設定します。
  • ワークシートパラメータにSelectSheetのアウトプットが設定されているか確認します。空欄になっている場合にはSelectSheetのアウトプットを紐つけてください。
  • 2次元配列パラメータにはReadCSVのアウトプットを設定します。
  • 書き込み位置のセルラベルパラメータには「A1」を設定します。
    ※書き込み開始位置が「A1」ではない場合は適宜書き換えてください。

書き込みが終了したらSaveFileアクションでシートを保存します。
「ファイル」のパラメータに紐つけるのは直前のWriteRangeのアウトプットではなく、GetFileのアウトプットであるためご注意ください。
※上書き保存はできません。


ここではAUTOROローカルストレージに保存していますが、他のオンラインストレージに保存したい場合は、ストレージプロバイダに他のオンラインストレージのコネクションをご登録ください。

ExcelOnlineワークブックに値を書き込むアクションはUpdateWorksheetCellsがあります。これを利用して書き込みを行います。

  • UpdateWorksheetCellsアクションを設定します。
  • ワークシートパラメータにGetWorkbookのアウトプットが設定されているか確認します。空欄になっている場合にはGetWorkbookのアウトプットを紐つけてください。
  • 範囲パラメータには「Sheet1!A1」を設定します。
    ※シート名、書き込み範囲は適宜書き換えてください。
  •  値パラメータにはReadCSVのアウトプットを設定します。

 ワークフローで紹介したアクションの一覧

ワークフローで使用したアクションを復習しましょう。

ReadCSV

CSVを読み込み、中身を二次元配列でアウトプットします。
アクションについてはこちら

【GoogleSpreadsheetの場合】

GetSpreadsheet(既存のスプレッドシートを取得)

GoogleSpreadsheetのスプレッドシートを取得するアクションです。アクションについてはこちら

UpdateCells(セルの値を更新)

セルの値を更新するアクションです。アクションについてはこちら

AppendValues(末尾に値を追加)

シートの末尾に配列を追加するアクションです。アクションについてはこちら

【Excelの場合】

SelectSheet(ワークシートを選択)

Excelワークシートを選択するアクションです。アクションについてはこちら

WriteRange(範囲に書き込む)

Excelワークシートのセルに配列を書き込むアクションです。アクションについてはこちら

【ExcelOnlineの場合】

GetWorkbook(ワークブックを取得する)

ExcelOnlineのワークブックを取得するアクションです。アクションについてはこちら

UpdateWorksheetCells(セルの値を更新する)

ExcelOnlineのワークブックのセルに値を書き込むアクションです。アクションについてはこちら

【GoogleSpreadsheetの場合】

【Excelの場合】

【ExcelOnlineの場合】

 

※上から順に、区切りごとに 【GoogleSpreadsheetの場合】、【Excelの場合】、【ExcelOnlineの場合】 のYAMLコードとなっています。
# ブラウザを開く
+open_browser_1:
  action>: OpenBrowser
  url: 'https://support.autoro.io/docs/guide/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e4%bf%9d%e5%ad%98/'
  lang: 'ja-JP'
  timeZone: 'Asia/Tokyo'
  headless: true
  windowSize: '1920 x 1080'
  useShadowDomSelector: false
  private: false

# クリック
+click_1:
  action>: Click
  browser: +open_browser_1
  selector: '#AUTORO'
  confirm: true
  ignoreError: true
  timeout: 30000
  waitForDownload: true
  private: false

# ダウンロードファイル一覧
+get_download_files_1:
  action>: GetDownloadFiles
  order: DESC
  sort_by: CREATED

# ファイルを保存
+save_file_1:
  action>: SaveFile
  filename: +get_download_files_1
  provider: ''
  createPath: false
  meta:
    display:
      provider:
        type: chip
        label: 'Google Drive (ご自身のプロバイダIDをご指定ください)'
        icon: googledrive

# CSVを読み込む
+read_c_s_v_1:
  action>: ReadCSV
  filename: +get_download_files_1
  headers: true
  encoding: 'utf-8'

# 既存のスプレッドシートを取得
+get_spreadsheet_1:
  action>: GetSpreadsheet
  provider: 'ご自身のプロバイダID'
  spreadsheet_id: '右の緑アイコンから事前準備で作成したシートを選択できます'
  meta:
    display:

# セルの値を更新
+update_cells_1:
  action>: UpdateCells
  spreadsheet: +get_spreadsheet_1
  range: 'シート1!A1'
  values: +read_c_s_v_1
# ブラウザを開く
+open_browser_1:
  action>: OpenBrowser
  url: 'https://support.autoro.io/docs/guide/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e4%bf%9d%e5%ad%98/'
  lang: 'ja-JP'
  timeZone: 'Asia/Tokyo'
  headless: true
  windowSize: '1920 x 1080'
  useShadowDomSelector: false
  private: false

# クリック
+click_1:
  action>: Click
  browser: +open_browser_1
  selector: '#AUTORO'
  confirm: true
  ignoreError: true
  timeout: 30000
  waitForDownload: true
  private: false

# ダウンロードファイル一覧
+get_download_files_1:
  action>: GetDownloadFiles
  order: DESC
  sort_by: CREATED
  private: false

# リストから要素を取得
+get_item_from_list_1:
  action>: GetItemFromList
  list: +get_download_files_1
  index: '0'
  private: false

# ファイルを保存
+save_file_2:
  action>: SaveFile
  provider: local
  filename: +get_item_from_list_1
  createPath: false
  private: false
  meta:
    display:
      provider:
        type: chip
        label: 'Local Storage (AUTORO Storage)'
        icon: local

# オブジェクトのキーの値を取得_保存されたファイルのID
+get_value_with_key_1:
  action>: GetValueWithKey
  object: +save_file_2
  key: file_id
  private: false
  meta:
    display: null

# ファイルを取得_サンプルCSVを取得
+get_file_3:
  action>: GetFile
  provider: local
  filename: +get_value_with_key_1
  private: false
  meta:
    display:
      provider:
        type: chip
        label: 'Local Storage (AUTORO Storage)'
        icon: local

# CSVを読み込む
+read_c_s_v_1:
  action>: ReadCSV
  filename: +get_file_3
  headers: true
  encoding: 'utf-8'
  private: false

# ファイルを取得_書き込み先ExcelBook
+get_file_2:
  action>: GetFile
  provider: local
  filename: 'ここに書き込み先Excelブックを指定'
  private: false
  meta:
    display:
      provider:
        type: chip
        label: 'Local Storage (AUTORO Storage)'
        icon: local

# ワークシートを選択
+select_sheet_1:
  action>: SelectSheet
  filename: +get_file_2
  sheetname: Sheet1
  private: false

# 範囲に書き込む
+write_range_1:
  action>: WriteRange
  worksheet: +select_sheet_1
  table: +read_c_s_v_1
  celllabel: A1
  private: false

# ファイルを保存
+save_file_3:
  action>: SaveFile
  provider: local
  filename: +get_file_2
  createPath: false
  private: false
  meta:
    display:
      provider:
        type: chip
        label: 'Local Storage (AUTORO Storage)'
        icon: local
# ブラウザを開く
+open_browser_1:
  action>: OpenBrowser
  url: 'https://support.autoro.io/docs/guide/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf/%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%ae%e4%bf%9d%e5%ad%98/'
  lang: 'ja-JP'
  timeZone: 'Asia/Tokyo'
  headless: true
  windowSize: '1920 x 1080'
  useShadowDomSelector: false
  private: false

# クリック
+click_1:
  action>: Click
  browser: +open_browser_1
  selector: '#AUTORO'
  confirm: true
  ignoreError: true
  timeout: 30000
  waitForDownload: true
  private: false

# ダウンロードファイル一覧
+get_download_files_1:
  action>: GetDownloadFiles
  order: DESC
  sort_by: CREATED
  private: false

# ファイルを保存
+save_file_2:
  action>: SaveFile
  provider: local
  filename: +get_download_files_1
  createPath: false
  private: false

# ワークブックを取得する
+get_workbook_1:
  action>: GetWorkbook
  provider: ''
  workbook_id: ''
  private: false
  meta:
    display:

# CSVを読み込む
+read_c_s_v_1:
  action>: ReadCSV
  filename: +get_download_files_1
  headers: true
  encoding: 'utf-8'
  private: false

# セルの値を更新する
+update_worksheet_cells_1:
  action>: UpdateWorksheetCells
  workbook: +get_workbook_1
  range: 'Sheet1!A1'
  values: +read_c_s_v_1
  private: false
<CSV>ダウンロード/CSV/spreadsheet/スプシ

このページは役に立ちましたか?