Docly Child

人の入力を取得する

174 views

この記事では、ワークフローから人の入力を取得する方法について紹介します。
「GetHumanInput」のアクションを利用することで、実行中のワークフローに対して人が入力した値を利用することができるようになります。


人の入力を取得する場面

主に以下のようなケースで使用します。
・画像の文字を読んで入力する二段階認証
・電話番号認証やメール認証などRPAで操作できない二段階認証
・人の入力に応じてワークフローの動作を変更したいとき

 GetHumanInputアクションの設定

「GetHumanInput」のアクションを設定します。

  • 「テキストを入力」の項目に、メール/入力フォームに記載する文面を設定します。(任意)
  • 「画像」の項目に、入力フォームに表示する画像ファイルを設定します。(任意)
  • 「アシスタント」の項目に、メールの送付先を設定します。
    ※送付先に設定できるのはコラボレーターに追加されているユーザーのみです。

 人の値を入力

ワークフローにGetHumanInputアクションを設定して、実行すると以下のような手順で人の入力を取得します。

GetHumanInputアクションがワークフロー上で実行されると、送付先のアドレス(アシスタント)に設定されたアドレスに以下のようなメールが送付されます。

  • メール内の「入力フォームに移動する」をクリック

メールのボタンをクリックすると入力フォームがブラウザで開かれます。

  • フォームを入力します。入力できる文字数の最大は半角255文字です。
  • 「送信する」のボタンを押します。

入力フォームを送信すると、ワークフローの実行ログにも入力した値が表示されます。

※入力が行われるまでロボットは実行中のまま待機状態になります。(最大5分間)

[参考記事]
<Authorize>認証

このページは役に立ちましたか?