Docly Child

セッションログの閲覧

1074 views

この記事では、セッションログ画面について紹介します。

セッションログ画面では実行履歴の詳細を閲覧することができます。各アクション単位での実行結果、エラー内容の確認に利用します。

【できるようになること】

  • セッションログ画面を開く
  • アクション実行結果を閲覧
  • エラーを確認
  • ログを理解
セッションログを利用する場面

各アクションの実行結果を確認できます。
ワークフローの作成やテスト、エラーのデバッグなど、必ず利用する画面です。

 ログ画面の開き方

セッション画面から「詳細」をクリックします。
該当ワークフローが実行された日時時点でのログが表示されます。

 ログ画面

アクションごとの実行結果を閲覧することができます。

確認できる内容は以下の項目となります。

  • タスク名(+open_browser_1)
  • アクションの実行ステータス
  • アクションの実行時間
  • 実行されたアクションの種類(OpenBrowser/Textなど)
  • アクションのアウトプット(実行結果)
  • アクション実行後のスクリーンショット ※ブラウザアクションのみ
  • エラー文
 

画面右上にある「昇順」または「降順」のボタンをクリックすると、ログの並び順を切り替えることができます。

「降順」は、エラー時に便利です。エラー内容の確認が素早くできます。

  • 「昇順」を押すと「降順」に切り替わり、ログが最後から最初に向かって表示できます。
  • 「降順」を押すと「昇順」に切り替わり、ログが最初から最後に向かって表示できます。

 

ログ画面をスクロールしても、ログが途中までしか読み込めない場合があります。その際は、以下の対処をお試しください。

  • 画面の拡大率を100%に設定
    • ご使用のディスプレイサイズによっては、100%で表示されない場合があります。 50%や150%などもお試しください

  • 画面を再読み込みする

上記でも解消しないときは、何らかのエラーによりワークフローが中断されている場合があります。その際は、画面左下のチャットボタンよりお問い合わせください。

<セッション>セッションログ/ログ/Log

このページは役に立ちましたか?