Docly Child

変数セット

392 views

この記事では、「変数セット」について紹介します。

【この記事で扱う内容】

  • 変数とは
  • 変数セットの設定方法

 変数セットとは

変数セット機能とはStoreValue(変数に保存)で定義されていない変数に代入する値をまとめて管理できる機能です。
未定義変数がある時、それぞれに代入する値のセットを複数定義しておくことができるようになります。

AddToQueueで起動するワークフローやカスタムアクション、トリガー起動でデータ引き継いで実行するワークフロー作成するときに便利な機能になります。

 変数セットの設定方法

実際に変数セットを設定してみましょう。

例えば「URL」と「message」という未定義変数がある状態でワークフローを実行した際、以下画像のポップアップが表示された場合は未定義変数が存在しています。そのような時に、それぞれに代入する値のセットを複数定義しておくことができるようになります。

ワークフローを実行する際、「この変数セットを保存する」にチェックを入れると変数セットが保存され、次回以降の実行時に保存した変数セットを呼び出すことが可能になります。


変数セットは設定したワークフローに紐づいて保存され、保存された値はワークフロー編集画面右下にある変数セットから参照できます。

 変数セットのコピー作成や削除も可能です。

 

[参考記事]

このページは役に立ちましたか?