Docly Child

AUTORO desktopでマウスのクリック操作を行なう

345 views

この記事では、AUTORO desktopを使用したマウスのクリック操作について紹介します。


この機能はdesktop版AUTOROでのみ利用可能です

この機能は、クラウド版では使用できません。

 MouseClickアクション

AUTOROでは、ローカルPC上のマウス操作を実行するためのアクションとして、MouseClickアクションが用意されています。

Clickアクションとの違いは、以下となります。

項目ClickアクションMouseClickアクション
クリック可能な対象Webページ上の要素のみローカルPC上に表示された目に見える要素全て
可能なクリック種類左シングルクリックのみ※1左右両方のシングルクリック
左右両方のダブルクリック
キーを押しながらクリックそのままでは不可
※ショートカットキーを使用することで代替可能
デフォルトで対応可能

※1について……
右クリックした際に、システム上の右クリックメニューではなく、専用のポップアップメニューが表示されるWebサイトがあります。

この場合は、SendKeysアクションのショートカットキー操作JavaScript操作によって、専用ポップアップメニューを出せる場合があります。左ダブルクリックについても同様です。

 ワークフロー設定例

以下に、主要なマウスクリック操作の設定方法と設定例を紹介します。

クリックしたい対象の見た目が、画面上に表示されている他の対象の見た目と被っていない場合は、以下のように指定できます。

  • MouseClickアクションを設定します
  • 「ここをクリック(target)」をクリックします
  • 画面が暗くなったら、クリックしたい位置をドラッグアンドドロップします

  • (任意)詳細設定を開きます
  • (任意)画像のマッチ度合いを設定します。100に近づくほど、AUTOROに指定した画像と、実際に表示されている画像が似ている必要があります。

画像認識でクリックを実行する場合、以下のような問題が発生します。

「画面内に全く同じ(よく似た)アイコンが2つ存在していて、そのどちらか片方をクリックしたい」

ここでは、左側の対象(Chromeのアイコン)をクリックする例を紹介します。

 

  • 左側のChromeアイコンと、その周辺範囲(左側のExcelアイコンを含む)を撮影します。
    これによって、右側のChromeアイコンとは被らない画像が撮影できます。
  • アクションの詳細設定を開きます
  • 「右方向へずらす」に、任意のピクセル数を指定します(ここでは75)
  • 「下方向へずらす」に、任意のピクセル数を指定します(ここでは10)
  • この状態でテスト実行し、クリックできるかを確認します。

※右側をクリックする場合

以下のような画像を撮影し、「右方向へずらす」のpxを調整する方法が考えられます。

Shiftキーなど、任意のキーを押しながらクリックしたいときに使用します。

  • MouseClickアクションの「クリックして、ホットキーを押下してください」をクリックします
  • 任意のホットキーを実際に押します
  • OKをクリックします
マウス/マウスクリック<MouseClick>

このページは役に立ちましたか?