Docly Child

ファイルID/ディレクトリID

1229 views

この記事では、ストレージアクションで利用するファイルID/ディレクトリ(フォルダ)IDについて紹介します。

※ファイルパス/ディレクトリ(フォルダ)のパスを取得する方法については、こちらをご覧ください。

【できるようになること】

  • ファイルIDを指定してファイルを取得
  • ディレクトリIDで指定のフォルダにファイルを保存

 ファイルIDとフォルダID

AUTOROで外部ストレージのファイルの取得/保存を行う時には、ファイルID/ディレクトリIDを指定することができます。

ファイルID/フォルダIDは各外部ストレージ内では固有のIDであるため、パス指定を利用するよりも確実に対象のファイル/フォルダを指定することが可能です。

 Pickerでファイルを選択

Pickerを使用すると、GUI上で選択したファイルのIDが、自動的にアクションに入力されます。

 

  • GetFileアクションを設定します。
  • プロバイダIDを設定します。
  • ファイル名パラメータの右横にあるアイコンをクリックします。
  • ファイル選択画面が表示されます。
  • ファイルを選択します。
  • 自動的にファイルIDが入力されます。

 

 ファイルID/フォルダIDとURL

ファイルID/ディレクトリIDは、外部ストレージのURLに含まれている場合が多いです。

以下にて、URL上に存在するファイルID/ディレクトリIDの位置を紹介します。

  • ファイルID:共有用URLから取得
    https://drive.google.com/file/d/【ファイルID】/view
  • フォルダID:フォルダのURLから取得
    https://drive.google.com/drive/folders/【フォルダID】
Error: 404: Shared drive not found: XXXXXXXX

上記のエラー文が表示される場合、指定したファイル/フォルダがGoogleDriveの「共有ドライブの中にある共有アイテム」であると考えられます。
これはGoogleDriveの共有アイテム一覧画面から確認できます。

このような「共有ドライブの中にある共有アイテム」のファイルID/ディレクトリIDを指定/操作したい場合は、
プロバイダIDに指定しているGoogleDriveのアカウントに対して、元の共有ドライブへのアクセス権限を付与する必要があります。

元の共有ドライブへのアクセス権限付与後は、通常通りファイルID/フォルダIDをエラー無く指定できるようになることが見込めます。

  • ファイルID:ファイルを開いた時のURL、cid=の値
    https://onedrive.live.com/edit.aspx?cid=【ファイルID】&page=view&resid=XXXXXXXXXXX&parId=YYYYYYYYYYYYYY&app=Excel
  • フォルダID:フォルダのURLから取得、id=の値
    https://onedrive.live.com/?id=【フォルダID】&cid=3A89F8D66CEEEE5B

※SharePointのファイルについては、Pickerで指定するか、ファイルパスをご指定ください。

 

【Dropbox】

  • ファイルID:Pickerから選択で取得
  • フォルダID:取得不可/パス指定のみ
  • ファイルID:ファイルのURLから取得
    https://app.box.com/file/【ファイルID】
  • フォルダID:フォルダのURLから取得
    https://app.box.com/folder/【フォルダID】

ID指定は利用できません。

ファイル/フォルダ(ディレクトリ)のパスをご指定ください。

<File>ファイルID/フォルダID/ディレクトリID

このページは役に立ちましたか?