Docly Child

ワークフローの複製

1969 views

この記事では、ワークフローの複製(コピー)方法について紹介します。

複製をするには、以下2つの方法があります。

  • ワークフロー複製機能を使用する
  • エディタモードを使用する。

基本的には、ワークフロー複製機能が便利ですが、別プロジェクトへの複製の場合など、一部状況でエディタモードが活用できます。

【できるようになること】

  • ワークフローの複製
ワークフローの複製を利用する場面

既存のワークフローの一部/全てを、他のワークフロー上で使いまわしたいような場合に利用します。

 ワークフロー複製機能を使用する

※2024/4/9(火)より、ワークフロー複製機能は「ワークフロー編集ウィンドウ」からのみ、使用できるように変更になりました。

複製は、ワークフロー編集ウィンドウから行うことができます。

一部設定についてはコピーされませんので、ご注意ください。

項目 コピー有無
ワークフローに設定されている各アクション
TypePasswordアクションに設定されているパスワード
ワークフローの名前
ワークフローの説明
ロボットタイプ
割当ロボット ×
割当デバイス(ロボットタイプがデスクトップの場合のみ)
ゲートウェイ(ロボットタイプがスタンダードの場合のみ)
エラー時に実行するワークフロー ×
エラー時のワークフロー最大実行回数 ×
通知先 ×
使用ブラウザバージョン
デバッグ実行モード
カラー

以下項目では、代表的なものとしてワークフロー設定画面からのコピー方法をご紹介します。

  • ワークフロー設定画面から、「編集」をクリックして編集ウィンドウを開きます。

  • 縦三点リーダーをクリックします。
  • 「複製する」を選択します。

  • 作成されるワークフロー設定が出ますので、問題なければ「複製する」を押します。

  • ワークフローのコピーが、元ワークフローと同じ階層に作成されます。

 エディタモードを使用する

ワークフロー設定画面のエディタモードを利用して、ワークフローの複製が可能です。(参考:エディタモードへの切り替え方法

エディタモードを利用してのコピーは、以下のような状況で使用されます。

  • 別プロジェクトへのワークフローの複製
  • サポートチームへのコード共有
 
 
下記手順にてワークフローを複製します。
 
  • コピー元のワークフロー設定画面を開きます。
  • 実行ボタン上のエディタモードをクリックします。
  • ワークフローがテキストコードの状態に切り替わります。
  • コピーしたい範囲を選択
  • コピーを実行

以上のフローで、ワークフローのコピーが完了します。

コピー先のワークフローに貼り付ける際も、エディタモードを利用します。

  • コピー先のワークフロー設定画面を開きます。
  • 実行ボタン上のエディタモードをクリックします。
    ※すでにエディタモードが表示されている場合にはこのステップは不要です。
  • ワークフローがテキストコードの状態に切り替わります。
  • コピーしたワークフローの貼り付けを行います。
  • もう一度エディタモードをクリックして、UIモードに戻ります。

以上で貼り付けが完了します。

  • 複製したワークフローにTypePasswordアクションが含まれる場合は、複製したワークフローのTypePasswordにパスワードを再入力する必要があります。

  • プロジェクトをまたいで貼り付けを行う場合には、コピー先でプロバイダIDの書き換えが必要になります。

<ワークフローの複製>ワークフローのコピー<コピペ>コピー&ペースト<コピーアンドペースト>

このページは役に立ちましたか?