Docly Child

条件分岐(IF)

2288 views

この記事では、条件分岐の設定方法について紹介します。

【できるようになること】

  • 条件分岐の設定
  • 条件式の設定
条件分岐を利用する場面

AUTOROでは、「ある条件を満たしていた場合のみ、ある処理を実行する」といった条件分岐(IF)処理が可能です。
条件分岐は、あらゆるワークフローで頻繁に使用されています。

 条件分岐(IF)

AUTOROの条件分岐では次のような特徴があります。

  • 指定した条件がTRUEになる場合のみ処理が実行される
  • 「文字/配列/数字/Compareアクションのアウトプット/JavaScriptメソッド/正規表現/演算子」を利用して、条件式を作成する

TRUEの場合のみ処理が実行されるため、TRUEの場合とFALSEの場合とそれぞれに条件分岐の設定をおこなう必要があります。

 条件分岐の設定方法

ワークフロー設定における条件分岐には「IF」を利用します。

IFに条件式(後述)を設定すると、IFの範囲内のアクションが実行されます。

  • 「IF」をドラッグ&ドロップします。
  • 「真のとき < おわり」の間にアクションを設定します。

「IF」で条件分岐を行うためには、「条件式」の設定が必要になります。

設定された条件式がTRUE(真)を返すときだけ、IFで囲まれたフローが実行されます。

  • 「条件」のパラメータに条件式を入力します。

条件式を指定する方法は、大きく分けて2つあります。

(例)Google検索で一番上に出てきたページのURLにprofileと入っていれば、そのURLをスプレッドシートに転記する。

上記画像ではURLに特定の文字が入っているかの判定をindexOf() メソッドで行っています。

${変数名.indexOf("特定の文字") > -1}

他にも、配列の要素の数を取得して特定の数より多いかはlength プロパティで判定が可能です。

${変数名.length > 0} (変数内の要素の数が0以上の場合)

 

(補足)代表的な属性として以下のものがあります。(詳細はこちら

src
画像のURL(パス)
href
リンク先のURL(パス)
alt
画像などの説明文

 

# ブラウザを開く
+open_browser_1:
  action>: OpenBrowser
  url: 'https://www.google.com/search?q=オートロ株式会社  会社概要'
  lang: 'ja-JP'
  headless: true
  useShadowDomSelector: false
  private: false

# 要素の属性を取得_1番目のurlを取得
+get_attribute_1:
  action>: GetAttribute
  browser: +open_browser_1
  selector: '.yuRUbf > a'
  attribute: href
  ignoreError: true
  private: false

# 変数に保存_url:サイトURL
+store_value_2:
  action>: StoreValue
  key: url
  value: +get_attribute_1
  private: false

# ブラウザを閉じる
+close_browser_1:
  action>: CloseBrowser
  browser: +open_browser_1
  private: false

# 既存のスプレッドシートを取得
+get_spreadsheet_1:
  action>: GetSpreadsheet
  provider: ''
  spreadsheet_id: ''
  private: false
  meta:
    display:

# if_urlにprofileの文字列が入っている場合
+if_1:
  if>: ${url.indexOf("profile") > -1}
  _do:

    # セルの値を更新
    +update_cells_1:
      action>: UpdateCells
      spreadsheet: +get_spreadsheet_1
      range: 'シート2!A1'
      values: ${url}
      private: false
<IF>条件分岐

このページは役に立ちましたか?