Docly Child

AUTORO desktopでExcelマクロを実行する

406 views

この記事では、AUTORO desktopを使用して以下の操作を実行する例を紹介します。

「ローカルPCにインストールされたExcelでExcelマクロ(xlsmファイル)を開き、ボタンを押してマクロを実行させる」

※この機能はdesktop版AUTOROでのみ利用可能です

この機能は、クラウド版では使用できません

 ワークフロー作成の基本的な流れ

クラウド版とは異なり、AUTOROに以下の操作を実行させることで、ローカルPC上の操作を自動化することができます。

  • ローカルPCのファイルを開く
  • 物理マウスで、指定した画像の位置をクリックする
  • 物理キーボード(ショートカットキー)を押す

 ワークフローの設定例

例として、以下を実行するワークフローを作成します。

  • マクロファイルを開く
  • マクロを実行する
  • マクロ実行から8秒後に、マクロファイルを上書き保存しないで閉じる
  • 終了
  • 操作したいExcelマクロのローカルパスをコピーします
  • AUTOROのワークフローに、SystemOpen(アプリケーションを開く)を設定します。
  • 先にコピーしたパスを、ファイルパス欄にペーストします

 

Windows 11のパスのコピー方法
  • 対象ファイルを右クリック
  • パスをコピー

Macのパスのコピー方法
  • 対象ファイルを右クリック
  • パスバーを表示
  • 表示されたパスバーを右クリックし、パス名をコピー


マクロファイルが開かれるまでの待機時間を設定します。

  • Wait(待機する)を設定します
  • 6000(6秒)と入力します

 

マクロを実行するために、ボタンをクリックさせる処理を追加していきます。
AUTOROデスクトップでは、「アクション内に指定した画像」をクリックすることができます。
この画像の撮影を行なうため、まずはマクロファイルを実際に開く必要があります。

  • 操作対象のマクロファイルをローカルPCで開いておきます。
  • MouseClick(マウスクリック)アクションを設定します。
  • 「ここをクリック(target)」をクリックします
  • 画面が暗くなるので、ドラッグアンドドロップでクリックさせたい位置(コンテンツ有効化ボタン)を撮影します。
  • MouseClickアクションの中央下部から、詳細設定を開きます
  • 実行後待機に 2000 を指定します

  • MouseClickアクションをもう1つ追加します。
  • 「ここをクリック(target)」をクリックします
  • 画面が暗くなるので、ドラッグアンドドロップでクリックさせたい位置(うさぎを動かすボタン)を撮影します。
  • MouseClickアクションの中央下部から、詳細設定を開きます
  • 実行後待機に 8000 を指定します

マクロファイルを閉じます。
※Windows版のショートカットキーを使用した例となります。

  • KeyboardPressKey(キーを押す)アクションを設定します
  • 「クリックして、ホットキーを押下してください」をクリックします
  • AltキーとF4キーを同時押しします。
  • 「OK」をクリックします

  • KeyboardPressKey(キーを押す)アクションをもう1つ設定します。
  • 「クリックして、ホットキーを押下してください」をクリックします
  • AltキーとNキーを同時押しします
  • 「OK」をクリックします

作成から実行の一部始終となります

 

# アプリケーションを開く
+system_open_1:
  action>: SystemOpen
  file: 'マクロファイルのパス'
  waitBefore: 200
  waitAfter: 200
  private: false

# 待機する_Excelが開ききるまで待機
+wait_1:
  action>: Wait
  time: 2000
  private: false

# マウスクリック_コンテンツの有効化
+mouse_click_1:
  action>: MouseClick
  button: LEFT
  count: 1
  target: ''
  withKey: ''
  timeout: 10000
  confidnece: 80
  waitBefore: 200
  waitAfter: 2000
  private: false

# マウスクリック_うさぎを動かす
+mouse_click_2:
  action>: MouseClick
  button: LEFT
  count: 1
  target: ''
  withKey: ''
  timeout: 10000
  confidnece: 80
  waitBefore: 200
  waitAfter: 8000
  private: false

# キーを押す_Excelを閉じる
+keyboard_press_key_1:
  action>: KeyboardPressKey
  keys: '⌥+f4'
  duration: 50
  repetition: 1
  delay: 50
  waitBefore: 200
  waitAfter: 1000
  private: false

# キーを押す_上書き保存しない
+keyboard_press_key_2:
  action>: KeyboardPressKey
  keys: '⌥+N'
  duration: 50
  repetition: 1
  delay: 50
  waitBefore: 200
  waitAfter: 200
  private: false
AUTORO desktop<desktop>デスクトップ

このページは役に立ちましたか?