Docly Child

キーボードの入力

625 views

この記事では、SendKeys(キーを送信)アクションの活用について紹介します。

【できるようになること】

  • SendKeysの設定方法
  • SendKeysでEnterキーを送信
  • SendKeysでショートカットキーを送信

SendKeysを利用する場面

ブラウザ操作中に、以下のような操作を実行できます。

・文字入力後にエンターキーを押下する
・ショートカットキーを押下する
・矢印キーを押下する

 SendKeys(キーを送信)

「SendKeys」アクションは、ワークフロー上でキーボードの入力を行うことができます。
送信できるキーの一覧については、下記のページをご参照ください。

以下の設定では、ページ上でEnterキーを押すことができます。

 複数のキーを送信

SendKeysアクションでは、一度の実行で複数のキーを送信することができます。

  • ショートカットキーの実行
  • TypeTextの代替
◇ショートカットキー

配列型式で入力するキーを設定すると、ショートカットキーを実行することができます。(Windows/Linuxのキー設定)
既に入力されている文字が消えない場合などに使用されます。

◇TypeText(文字入力)の代替

かなり稀ですが、TypeText(文字入力)アクションによる文字入力が出来ない場合、SendKeysで代替することができます。(半角英数記号のみ対応)

<SendKey>キーを送信